大福いぬのキロク

いろいろ紹介しつつキロクしていくよ!お好きなカテゴリーをどうぞ。

「そして続きがあるのなら」

内田カヲル先生の「そして続きがあるのなら」。

f:id:daihuku_inu:20180123234134j:plain

やる気のない麻雀漫画誌の編集者・坂口は打ち合わせ途中に立ち寄ったコンビニで偶然、高校時代の後輩・藤代と再会する。藤代は坂口に漫画家になる夢を諦めさせた才能の持ち主だったが、漫画を辞めバイト生活を送っていた。もう一度、藤代に漫画を描かせるためにあれこれ世話を焼く坂口。その甲斐あってか藤代の漫画が評判になり、大手出版社に引き抜かれてふたりの関係は終わったかと思われたが――。暴力編集者とヘタレ漫画家志望の10年越しの想いを描いた表題作と、人気漫画化とそのマネージャー(兼恋人同士)となったふたりのその後を描いた続編他、読み切り1編を収録した最新作品集!! 

 

あとがきが意外なところに!!

見つけたら、おおっ!っとテンションが上がりました。

 

受けが結構いい身体をしていて素敵です!

筋肉の描かれ方が綺麗で好み。

そして可愛い性格。

 

続編も読みました!

 

「帰らなくてもいいのだけれど」。

f:id:daihuku_inu:20180124000426j:plain

 

高校の先輩と後輩が再会し、漫画家と漫画編集者から恋人になった坂口と藤代。数々の苦難を乗り越え、公私共に深い絆で結ばれた二人に最大のピンチ到来! ある日、藤代の実家から一本の電話がかかる。問答無用で帰省せよとの命令に実家へ戻った藤代を待っていたのは、本人抜きで進められた見合いの席……!?
暴力編集者とヘタレ漫画家の10年越しの想いを描いた「そして続きがあるのなら」、待望の続編登場!! 描き下ろし満載でファン必見の一冊☆ デリヘルの雇われ店長の受難?を描いた「アナログ」「オデンワイッポン」も同時収録。

 

同時収録の「アナログ」、「オデンワイッポン」良きでした!

おじさん受け。

 

 

オススメ 7/10