大福いぬのキロク

いろいろ紹介しつつキロクしていくよ!お好きなカテゴリーをどうぞ。

「パフューム ある人殺しの物語」

「パフューム ある人殺しの物語」。

f:id:daihuku_inu:20170905022042j:plain

18世紀のパリ、悪臭のたちこめる魚市場で産み落とされたジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)。驚異的な嗅覚を持つがゆえに、奇怪な青年として周囲に疎まれている彼は、ある晩、芳しい香りの少女に夢中になり、誤って殺してしまう。その後、彼は少女の香りを求めて調香師になり、香水作りに没頭するが……。  

 

見て、「今までこの映画をなぜ知らなかったんだ!!」と思いました。

今まで見た映画の中で好きな映画第1位になりました。

 

正直好みは分かれそうなイメージ。

 

”香りに酔う”っていう怖さを知る映画です。

香りが脳を刺激する、というのはありますよね。

ああ、あの香り好きだ、とか人によって違うもので。

 

主人公は人並み外れた嗅覚をもっており、物凄い遠くの香りも探し当ててしまうんです。

主人公のジャンは、一切体臭を持たない不思議な存在で、またその設定も考えながら物語を見ていくと面白い。

それで、香りで何かを残したい気持ちが更に強いのでしょうね。

 

並外れた嗅覚なので、人を魅了する香りの調合も簡単にしてしまう。

自分の求める香りを作るためにタブーを犯してしまう。

もうサイコパスなんですけどね。

 

終盤の演出なんて、もう素晴らしい芸術作品です。

ちょっとエロいシーンもありますが、いやらしくないものです。

綺麗すぎて涙が出ました。

 

この映画の独特な雰囲気を作ったのは、主人公ジャン役のベン・ウィショーさん。

演技が素晴らしい。

この人無くしてはこの世界観は出せなかったと思います。

 

賛否両論激しいとは思いますが、私は大好きです。

 

 

オススメ 10/10

 

 

 

https://youtu.be/vSk7jDka2E8