大福いぬのキロク

いろいろ紹介しつつキロクしていくよ!お好きなカテゴリーをどうぞ。

「聲の形」

聲の形」。

 

f:id:daihuku_inu:20170806033924j:plain

西宮硝子が転校してきたことで、小学生の石田将也は大嫌いな退屈から逃れる。しかし、硝子とのある出来事のために将也は孤立し、心を閉ざす。5年後、高校生になった将也は、硝子のもとを訪れることにし……。

 

あの!京アニ!!ということで期待値高めでした。

 

ピンクの髪の硝子ちゃんは、耳が聞こえない子なんです。

その子が学校に転校してきて、差別やいじめが始まる。

 

内容や心理描写がとてもリアルでした。

 

作中で「怪獣のバラード」という合唱曲が流れた時はテンションが上がりました。

私が中学生の時の合唱コンクールで他クラスが歌っていた曲だったんですけど、合唱曲っぽくなくてお気に入りの曲でした。

人気過ぎてクラスで争奪戦だったんです。

良い曲なのでぜひ聴いてみて下さい。

 

 

 

聲の形はすごく感動しました。

ラストの方の描写で泣けるところ満載でした。

 

映画だと、あんまり登場しない主要キャラもいて、謎だったところもありましたが、その後漫画を読んだら、映画で描かれていないところがたくさんあって、また素敵でしたよ。

 

オススメ 8.5/10

感動 8/10