読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大福いぬのキロク

いろいろ紹介しつつキロクしていくよ!

「怒り」

「怒り」。

f:id:daihuku_inu:20170510022835j:plain

八王子で起きた凄惨(せいさん)な殺人事件の現場には「怒」の血文字が残され、事件から1年が経過しても未解決のままだった。洋平(渡辺謙)と娘の愛子(宮崎あおい)が暮らす千葉の漁港で田代(松山ケンイチ)と名乗る青年が働き始め、やがて彼は愛子と恋仲になる。洋平は娘の幸せを願うも前歴不詳の田代の素性に不安を抱いていた折り、ニュースで報じられる八王子の殺人事件の続報に目が留まり……。

 

Yahoo!映画から引用) 

 

東京、千葉、沖縄の話が、それぞれ並行して進んでいきます。

パパッと切り替わる舞台が新鮮。

 

”もしも愛する人が犯人だったら”。

この不安に駆られる登場人物たち。

とても考えさせられる映画でした。

ああ、どうして。そうじゃないのに!!と見ている側も力が入ってしまいました。

 

途中、何度か犯人が出てくるシーンがあるのですが、上手く分からないよう登場しており、全然分かりませんでした...!

犯人だと疑われるのは、画像上から綾野剛さん、松山ケンイチさん、森山未來さん。

3人似てないじゃん!すぐ分かるじゃん!!、と思いますよね?

これが分からないんです。凄い。

 

映画館でも圧倒されたのですが、先日友人にBlu-rayを借りて2度目の鑑賞。

2周目はさらに細かいところまで見ることが出来て、俳優さんたちの細かい演技にも感動しました。

 

豪華版の映像特典では、途中の犯人の真相や、撮影現場の映像が盛り沢山で怒り充できました!!

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

怒り 豪華版【Blu-ray】 [ 渡辺謙 ]
価格:5508円(税込、送料無料) (2017/5/10時点)